緊急決定!! 3.25髑髏島決戦【極爆】『キングコング』初日初見者限定ライブスタイル上映開催


公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/

 「お…大っきい…」

 映画でもなんでも「初めて」がいちばんドキドキする。

 何度か回を重ねて気持ち良くなることも確かだけど、慣れない緊張、予測がつかない不安、そこからの、思いもよらなかったものを目の当たりにしたときの驚き。
 
 その衝撃が心の扉を大きく開き放ち、頭が真っ白になるような忘我、高揚…そして陶酔。

 それは「初めて」の時だけの特別な瞬間。
 ささげてほしいんだ、シネマシティに。

 
 謎の島をリングに、人間と巨大生物たちが命をかけたルール無用の異種格闘技デスマッチに挑む『キングコング 髑髏島の巨神』。
 全世界が待望する新コングのデビュー戦初日を、あなたと同じく、いてもたってもいられないほど待ち焦がれているファンといっしょに観戦しませんか?
 
 歓声、拍手OK。
 思いが極まってしまったのなら立ち上がってもOK。
 コングの登場にコールし、攻撃が決まっては手を打ち叫び、ピンチの時は応援する。
 プロレスや格闘技を観戦するように、大怪獣の死闘を「同志」とともに目撃する上映です。
 ※ただしサイリウム等の光るモノ、打楽器等音の鳴るモノの使用は今回は禁止とします。
  試合への集中をさまたげないためです。

 
 熱き者たちよ集え。3.25髑髏島(シネマシティ)へ!


「初見者限定ライブスタイル上映」のココが最高だ!

その1 みんな初めてだから恥ずかしくない。
 周囲から「V8達成」とか「32回目の吶喊であります」という声が聞こえてきて気後れすることがありません。

その2 「お約束」が成立していないから、ノリ遅れることがない。
 慣れたファンが一斉に「お約束」を決めて超楽しそうなのを横目で見て、暗闇の中で孤独を覚えることがありません。

その3 ネタバレがない。
 どの選手がどのように勝って負けるか誰も知りません。
 展開を先に叫んでしまう野暮な人が現われることがありません。

その4 驚きが本物だ。
 これが一番重要。そこにいる誰もが勝負の行方に固唾を飲んで集中しており、その結果に「知っていて演技で盛り上がる」のではなく、本当に驚いたり感動したりするわけです。
 これがものすごく大事。真のライブ感覚が味わえます。


概要■【極爆】『キングコング』を初見者限定で、拍手・歓声OKの、プロレス観戦のように楽しんでいただく。
日時■2017年3月25日(土)公開初日 18:30開映
会場■シネマ・ツー/bスタジオ
料金■通常料金 ※前売券受入可
参加資格■『キングコング 髑髏島の巨神』を未見の方のみ。
※試写会で観たとか、当日の朝昼に観たという方はお断りします。
チケット■
 有料会員シネマシティズン:3/21(火)0:00(20日24:00)からWeb予約開始/8:30 シネマ・ツー窓口販売開始
 一般:3/22(水)0:00(21日24:00)からWeb予約開始/8:30 シネマ・ツー窓口販売開始
※最初のWeb予約開始時点から全席を販売しますので、完売の際はご容赦ください。

Web予約はこちらから
https://res.cinemacity.co.jp/TicketReserver/studio/movie/986

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED


 

最新のニュース


『劇場版クラッシャージョウ4K』【極爆】 リクエストにお応えして4/1-4/7再上映決定。4/1,2は佐々木るんさんトークつき。

SAO5週目入場者プレゼント終了のお知らせ

緊急決定!! 3.25髑髏島決戦【極爆】『キングコング』初日初見者限定ライブスタイル上映開催

3/25(土)公開『キングコング 髑髏島の巨神』【極上爆音上映】決定。デカいものなら、まかせろ。

4/18(火)開催シネマシティ寄席「ことたま」。林家正蔵、林家つる子出演。

毎月1本!劇団☆新感線を映画で観る「ゲキ×シネTIME」【極爆】対象5本追加決定。

3/10(金)公開『モアナと伝説の海』【極上音響上映】音響調整完了。心奪われ、言葉失う、極音中の極音。

3/11(土)-3/31(金) BTTF is BACK!! 春休みアンコール『バック・トゥ・ザ・フューチャー』【極爆】

3/10(金)19:00 第2金曜【極音】ナイト『最後のマイ・ウェイ』サエキけんぞう氏トークショー付

2/18(土)『劇場版SAO』音響調整のためシネマシティに伊藤監督、岩浪音響監督降臨。